知って得するデコ知識デコねた
↑デコの基本知識や柄別簡単デコの裏技など情報満載♪項目別に分類しています☆

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

ブログランキング参加しています!ポチッとお願いします

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ デコ小物へ
2009.06.15

Hot Fix Q&A

先日のHot Fixの記事から、
さまざまなご質問が取り寄せられましたので
一度まとめて報告させて頂きます。

新たなご質問があり次第
ここのページに、まとめていきたいと思います

よろしくお願いします

Q1:スティックロボは "はんだごて" と同じようなモノですか?
  "はんだごて" と代用出来ますか?

Hot Fix のラインストーンは約900度まで耐熱出来ますので
それ以上熱くならなければ、併用可能だと思います

ただ、はんだごては 接着専用アイロンではないので
お取り扱いの際ははくれぐれもご注意下さい。


Q2:Hot Fix は伸縮性のあるレオタードや水着にも
  ひっつきますか?

Hot Fixはレオタード・水着などの伸縮性の生地にも接着可能です
少しでも繊維がある素材ですと接着が可能です。

熱着後に手袋をした指で(←ヤケドしないために)
ぐぐっとさらに糊と繊維が絡むように押さえ込んで頂くとさらに強度が増します。


Q3:スニーカーをデコりたいと思っているのですが
  その時は Hot Fix の方がいいのでしょうか?

素材がコンバースのようなスニーカーの
布(コットン)の所には Hot Fix がおススメです。
ゴム製・皮製のスニーカーは繊維が無いのでひっつきません。


Q4:シリコンシートに付属している耐熱シートは
  再利用出来ますか?

シリコンシートに付属している耐熱シートは
熱にあてると溶けたりしないですが、若干ベコベコに型崩れします。
粘着力が残っているうちは、使いまわせない事もないのですが
型崩れしますので、基本的には再利用はしない方がいいです。

【別売りにて販売中】
耐熱シート(B5版)2枚1組  ¥480-
耐熱シート(小)2枚1組  ¥280-

Q5:スティックロボは何度くらいまで上がりますか?
  その際一定の温度でとまりますか?
  温度調整などあるのでしょうか?

スティックロボは最高180℃まで温度があがり
180℃に達すると温度上昇はとまります。
その際温度調節は無く、
コンセントを差し込んだ時点で加熱が始まる仕組みです。

Q6:Tシャツのプリント部分の上に貼れますか?

少しでも繊維があれば可能ですが、
プリント部分は基本的にツルツルしているので、不向きです。
プリント周りにデコる事をおススメします。

今後も Hot Fix へのご質問は
こちらのコメントへお願いします

hf.jpg

【お手頃★HotFixミックスセット】
SS6 100粒セット
SS8 100粒セット
SS10 100粒セット
SS12 100粒セット
SS16 100粒セット
SS20 100粒セット
SS34 50粒セット



スポンサーサイト
Posted at 08:30 | デコ知識 | COM(2) | TB(0) |
web拍手

ブログランキング参加しています!ポチッとお願いします

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ デコ小物へ
2009.06.08

Hot Fixの使い方 ?上級編:後編?

前編 のつづき

3346.jpg
よしっ!! ここにデコるぞ

と、気合を入れ!!

3347.jpg
慎重に??? 慎重に??? 真ん中に???

3348.jpg
そ???っと シールごとTシャツに貼り付けます

この時、真ん中に貼るのが不安な時
真ん中にたたんで家庭用アイロンで形を付けると貼りやすいです。
貼った後も遠目で見て、位置を確認しましょう。

近くで見るとこんな感じ
3380.jpg

3349.jpg
お??♪ やっぱ黒地にクリスタルは良く栄えるねぇ♪♪

しみじみ 感動しつつ・・・w

3373.jpg
4つ折りぐらいにしたタオルを 
Tシャツの表と裏の間に挟みます

これは、Hot Fixを加熱した時に "のり" が溶けて
下の生地にひっつかないようにするためのもので


ダンボールとか・・・ 雑誌とか・・・ タオルとか・・・

何でも良いので、念のため必ず何かを敷きます


これで熱着する準備が整いました

3330.jpg
そして↑このスティックロボ

3350.jpg
熱着していきます

(熱着時間の目安は → コチラ ← の記事をご参考下さい)

どこに熱をあてたか迷わないように
端から1粒1粒丁寧に熱を加えます。

ちなみに、
このシリコンシートに付属しているビニールシールは
耐熱シートなので熱さに強くシワになりにくいです

同じビニールシールでも 
デコ電保護シートとは違います

デコ電保護シートの場合は↓
b820.jpg
携帯をまんべんなく湾曲に貼り付けられるように
ドライヤーなどの熱を軽くあてるだけで
↑こんな感じに すぐにやわらかくなってしまいます

なので この耐熱シートの代用で
デコ電保護シートで Hot Fix の熱着は出来ません。
溶けてしまいます

ご利用の際は お取り扱いを間違わないように気をつけて下さいね


それでは本題に戻りまして

全体的に熱着出来たら シートをめくります

この時 熱着し忘れた Hot Fix が残っていたり
加熱時間が短すぎたりすると・・・
3377.jpg
↑こんな感じでシートについてくる場合があるので
  一気に剥がさずに、ゆっくり確認しながら剥がします

3378.jpg
しっかり熱着出来ていると、↑綺麗に剥がれます

シートを剥がした後は
指で軽く Hot Fix を上からなぞるように触ります

触っていると・・・
Hot Fix がぐらぐらしている時があります
それは、加熱時間が短すぎた箇所なので
もう一度上からスティックロボを押しあてて
しっかりひっつけ直します

全体的にしっかりひっついていれば
sample2.jpg
完成です★

↑静止画なので輝きが伝わらないですが・・・

いつものスワロをご存知の方

ええ ええ 

もちろん そうです ヾ(-∀-。)

その辺のブリンクTシャツと比べものにならない輝きです

sample.jpg
自分で作ると愛着もひときわです

しかもぉ???

もぅ 一丁!!

3356.jpg

3379.jpg

息子 のオーバーオールと
3357.jpg
おそろですねん???

とか、なった日にゃぁ???
外へ出るのが嬉しくなりますねぇ???

今年の夏はブリンクファッションで決まりっ

この度発売 Hot Fix !!

お手軽・簡単・すぐにキラキラ

もぉ? ホンンントっ!! ガチで見るとすごく綺麗です!!

皆さんも ぜひお試しあれ

hf.jpg



Posted at 00:30 | デコ知識 | COM(8) | TB(0) |
web拍手

ブログランキング参加しています!ポチッとお願いします

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ デコ小物へ
2009.06.07

Hot Fixの使い方 ?上級編:前編?

昨日に引き続きまして・・・

Hot Fix の使い方 ちょい上級編

3336.jpg
↑今回はこのドクロのシルエットを
  Tシャツに貼り付けたいと思います

透明のクリアファイルにはさんだ下書の上に
3338.jpg
シリコンシート を置きます

今回 特にクリアファイルの意味はないですが

シリコンシートより小さい下書でしたので
何となくクリアファイルにはさんだだけでした
(まぎらわしくてゴメンナサイ

直接下書の上にシリコンシートを置いても構わないです

そして シリコンシートの上に
3339.jpg
まわりから一定間隔で Hot Fix を置いていきます

3340.jpg
だいぶん以前に一度お話しましたが、ご存知無い方へ

このシリコンシートは透けて見えるので
下絵を透かしてラインストーンを配置する事が出来まして

3341.jpg
素材は、ヌーブラのようなものなので
上にラインストーンを置いても軽い粘着感があるので
安定してすべらないのです

※ このシリコンシートは水洗いで何度でもご利用可能です

3342.jpg
そして配置が決まったら、
シリコンシートに付属の透明シールを剥がしまして・・・

3343.jpg
ラインストーンの上に貼り付けます

3344.jpg
しっかり押さえてシールにラインストーンを移しかえます

- おさらい - 横から見た図
3368.gif
下絵があってー

3369.gif
シリコンシートを置いてー

3370.gif
ラインストーンをデコってー

3371.gif
シールを貼る!!

そしてシールをめくると
3372.gif
シールにラインストーンが付いてくる 仕組みです
  
↓実際 ご覧頂くと
3345.jpg
こんな感じ

これで下絵の準備が出来ました

次に いよいよ これをTシャツに貼り付けまーす★

つづく



Posted at 23:00 | デコ知識 | COM(0) | TB(0) |
web拍手

ブログランキング参加しています!ポチッとお願いします

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ デコ小物へ
2009.06.06

Hot Fixの使い方 ?初級編?

さてさて、本日は Hot Fix で
さっそく実践してみたいと思います

 その前に 

Hot Fix をするにあたりまして
事前に必要なモノをご紹介させて頂きます

Hot Fix は熱で貼り付けるので
3365.jpg
スティックロボ もしくは 家庭用アイロン が必ず必要です

スティックロボ
Hot Fixがすいすい貼れる専用アイロン です

スティックロボ or アイロン どちらでも構いませんので
いずれか一つ用意していて下さい

ちなみに

1粒1粒貼り付けたい時など
3366.jpg
アイロンですと重くて大変ですが

スティックロボですと
3367.jpg
軽くてピンポイントで貼り付ける事が可能です

「買ってちょ」とまでは言いませんが、すごく便利です d(・∀・*)

sample3.jpg
それでは この帽子に行ってみたいと思います

3327.jpg
まずは Hot Fix ラインストーン を大体 配置します

hotfix9.jpg
昨日の画像をご参考に↑ご覧頂きますと

今は Hot Fix を、ただ布に置いただけの状態です。

そしてこの上から専用アイロンの
スティックロボで貼り付けたいと思います

3328.jpg
付属のアタッチメント

色々ありますが・・・ 右上のやつ↑

3329.jpg
これを先に取り付けます

8種類もあるのですが、結構これ↑だけで何でも出来ます

しっかり取り付け出来たら
3330.jpg
スティックロボのコンセントを差込みます

差し込んだ時点で加熱がはじまります
(電源スイッチ・温度調節とかありません)

待つこと 40秒 ? 1分

使う時は 赤い所を握ります

使う時は 絶対!赤い所を握ります

絶対ですよ?!! 絶対ですよ?!!

必ず 赤い所を握って 使って下さいね!!

なぜなら・・・
3331.jpg
↑ここ ごっさ 熱くなります!!

めっちゃ < めっさ < ごっさ

関西弁の ごっさ なんですが・・・

アイロンで言うと "高 " にあたる熱さになります

さんざん注意した私が言うのもなんですが

わたくし 不覚にも・・・ 
最初 何気にこの ごっさ
いつもの えんぴつ使うノリで握ってしまいました _| ̄|○ ← バーカ

いや・・・  "握って" と言うか・・・ 

握る(触れた)瞬間・・・

トムとジェリーのトムがビックリして
目玉 置き去りで飛び上がる あのシーン

まさに あれになりました

今世紀最速の

マッハで飛びあがりました

なので 皆さんもご利用の際はくれぐれも気をつけて下さいね

約1分待つと 準備OKです
3332.jpg
真上から1粒1粒押しあてます

この↑状態が
hotfix7.jpg
スティックロボの熱伝導で、のりが溶けている状態です

この時、裏面は見えないのですが
裏面ではのりが溶けて沸騰して布に染込んでいってます

↓↓ 押さえつける目安時間 ↓↓

SS6・8・10 3秒?
SS12・16・20 4秒?
SS34 5秒?

サイズが大きくなる程 加熱時間はかかりますが
急がず丁寧にゆっくり押しあてて熱着します

3334.jpg
これで無事にひっつきました

hotfix8.jpg
今は↑こんな状態なので

帽子を動かしても、立てても 全然落ちないです

3335.jpg
続けて行います

sample4.jpg
は?い もぅ お・わ・りぃ???ぃぃ

あっけなすぎてごめんなさい

お手軽・簡単・すぐにキラキラ

正直これ以上 事細かく 説明のしようがないです・・・

ご覧の通り めっちゃ簡単に出来ちゃいます ( ̄ω ̄A;

しかも、これだけも
実際太陽の下でかぶって見ると ごっさ光ります
もちろん歩くとキラキラ反射してそれはそれは綺麗です

と、言うワケで Hot Fix の初級編はこんな感じです

この初級編を応用すると、デザインTシャツや衣装など
所々にキラキラ散らして光らせる事が可能です

明日はイラストなどのデザインを転写して熱着する
作り方をご紹介したいと思います

つづく



Posted at 23:30 | デコ知識 | COM(0) | TB(0) |
web拍手

ブログランキング参加しています!ポチッとお願いします

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ デコ小物へ
2009.06.05

Hot Fixの仕組み

この度発売★ Hot Fix !!

hf.jpg

Hot fix(ホットフィクス)とは?
Hot=熱い fixate=固定[定着]させる(略して fix)

すなわち
熱で定着させるラインストーンの事

3364.jpg
↑通常のラインストーンと比べると
  Hot fixの裏には "のり" がついています

↓↓ Hot fixの仕組み ↓↓ (横から見た図)
hotfix1.jpg
例えば ここに布があるとします

hotfix2.jpg
よく見ると 布には細かい繊維がたくさんあります

そこでHot Fix!!

フツーの#2028ラインストーンには "のり" がついておりませんが

hotfix3.jpg
Hot Fix には "のり" がついておりまして

hotfix9.jpg
その繊維(布)の上に Hot Fix を置きます

このままですと、繊維の上で
ふわっと浮いたままの状態なのですが

hotfix5.jpg
上から 熱アイロンのスティックロボで押しあてます

す・る・と

hotfix6.jpg
スティックロボの熱伝導で
ラインストーンの下の のりが溶けまして

hotfix7.jpg
のりと繊維が絡み合い

熱が冷めると
hotfix8.jpg
のりが布に染込んで、ぎゅっとひっつきます

そぅ!! Hot Fixとは

布にしっかり付けれるラインストーン

少しでも繊維がある素材
綿・ポリエステル・ジーンズ生地などにはひっつきますが

ただ、例外にオーガンジーのような
向こう側が透けて見える生地にもひっつきますが
その場合ノリがにじみ漏れしてしまう事があるので
あまりおススメ出来ません

繊維の無い つるつるした素材
ビニール・ゴム製・Tシャツなどのプリント部分にはひっつきません

そして、皮製品の場合はモノによりまして
合皮・レザーなどのツルツルした素材にはNGですが
スエード生地などの若干けばだった雰囲気の皮ですとOKです

密着後は、のりが布に絡まって、
しっかり染込んで軟化しているので
洗濯しても大丈夫!!

広がる広がる キラキラワールド

- 初級 制作事例 -
sample3.jpg
before

sample4.jpg
after

- 上級 制作事例 -
sample1.jpg

sample2.jpg
キラーン

と、言っても静止画なので

いまいち ピンとこない方・・・

よく、テレビのフィギュアスケートなどで
3366.gif
↑こんなシーンの時は、
 まさに この Hot Fix が使われております

衣装がキラキラしてるのは このHot Fixの仕業なんです

そう これが↑
衣類に貼り付け出来るラインストーン Hot Fix !!

使い方は 明日ご紹介させて頂きますね★

今年の夏は Hot Fix に注目です

つづく



Posted at 23:00 | デコ知識 | COM(0) | TB(0) |
web拍手

ブログランキング参加しています!ポチッとお願いします

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ デコ小物へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。