知って得するデコ知識デコねた
↑デコの基本知識や柄別簡単デコの裏技など情報満載♪項目別に分類しています☆

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

ブログランキング参加しています!ポチッとお願いします

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ デコ小物へ
2012.07.23

ついに出ました6サイズ!!

201207231.jpg

ついに出ましたー!!6サイズセットー!!

いや~~

長らくお待たせしました(;´Д`A

遅くなってすいませんでした~


--- この6サイズセットが出来る前 ---


今まで色んなキットを作ってきたのですが・・・

201207236.jpg

「パープルのセットも作って下さい

201207235.jpg

「ピンク系のミックスはありますか??」

201207232.jpg

「グリーンのセットも作って下さい

「ゴールドのミックスはありますか??」

「ピンクとオーロラのセットも欲しいです

「モノトーンのミックスはありますか??」

(´;д;`)ウッ… すいません無いです・・・・・

201207238.jpg

「ゴールドのグラデーションも出来ますか??」

201207237.jpg

「イエローのグラデーションもも欲しいです

201207233.jpg

「ブルーのグラデーションも出来ますか??」

「ピンク~ゴールドのグラデーションも欲しいです

「淡いグラデーションがあったら嬉しいです

「パープルのグラデーションもありますか??」

(´;ω;`)ウゥゥ すいません無いです・・・・・


。:゚(。ノω\。)゚・。 ウワァーン!!

無い無いづくしで 不甲斐無え~~~

不甲斐無え~~~

不甲斐無え~~~

と、夜な夜な

泣き崩れる日々が続いておりました・・・

(↑ホンマかいな)





ある日突然


・゚・(゚ω゚;)ア!!


201207239.jpg


いつものキットをバラ売りしたらいいんじゃね??

って事に気付きまして


気付くの

↑遅っ!!

2012072312.jpg

組み合わせ自由!!

あなただけの!!

あなたのカラー!!

1色ずつ選んで!!

作って下さい!!

その名は 6サイズセット
201207231.jpg
↑この1パックには

各6サイズ

SS5 → 20粒
SS7 → 25粒
SS9 → 25粒
SS12 → 33粒
SS16 → 33粒
SS20 → 33粒

ちょっとずつ入ってますので

2012072315.jpg

折りたたみ携帯ですと、約3パック

iphone4 ですと、4パック

ちょっと大きめなスマホカバーですと 約5~6パック

↑ちょっと大きめって・・・?? って方!!

2012072314.jpg

単品で買うより・・・ もちろんおトクです!!

ミックスにデコるもよし
グラデーションにデコるもよし

ホント今更お待たせしました(;´Д`A

 選べるデコ用6サイズセット1 
 選べるデコ用6サイズセット2 

よろしくお願いします

今後も人気のあるカラーから
カラー数も増やしていく予定です


スポンサーサイト
web拍手

ブログランキング参加しています!ポチッとお願いします

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ デコ小物へ
2012.07.18

隙間との戦い

201207181.jpg
先日↑この画像を元に

「こんな感じに、携帯のカバーにデコれる?」

と聞かれ・・・

「えーっと、似た感じには出来ますが、忠実には無理です」

と答えたところ・・・


「じゃあ、適当にお願いします」

「はい、やってみます」

と、実際デコったお話です


この→「忠実には無理です」って言葉

ホントは中々使いたくない言葉なんですが

デコってどうしても忠実に出来ない時が多々ありまして・・・


と、言うのは

私がデコる時、いつも気にする事が

『デコる土台と
 デコりたいデザインとの大きさの兼ね合い』


を気にします。

と、言ってもなんとなく説明しにくいので
例を挙げますと・・・

例えば
201207192.jpg
こんな白枠内にウサギをデコりたい時

1.このデザインの中で、一番細かくなりそうな場所を探します

このデザインですとウサギのラインになります

201207193.jpg

2.次に、このベースに使うラインストーンがこのサイズに合うかを確認します

↑これはデザインが細かくなればなるほど
これが私の中では結構大事なポイントだと思ってまして

このラインよりはみ出たラインストーンを使うと
線がガタガタになって見栄えが悪くなったり

逆にこのラインを避けると全体的にスカスカなデコになったり

全面びっしりデコりたい時には

かなり重要なポイントになります

201207191.jpg
なので、実際のデザインで
細かすぎてデコれない所は泣く泣くはしょる事になるんです

いくら細かいデザインをしたくても
実際それを、この枠内に表現するラインストーンの隙間との戦い!!

む、無念なり~~~

とか思いながら、

この事をお伝えし、相談しながらデコります

201207182.jpg
「えーっと、こんな感じになりますけど、ど~ですかね~??」

「あ~、大丈夫大丈夫!雰囲気残ってるやん!」

「ありがとうございます(やったー!)」

「あ~、でもはみ出るのはしゃーないんかな~??」

「枠内にきっちり納めると、上下にかなり隙間が出てくるんですよね〜
 (わたし的には上下の隙間は出来るだけ空けたくないんだな~)」

「あ~、なるほど~。それはいややなぁ」

「そーなんですよー(うれしー♪分かってくれた!)」

201207183.jpg
「じゃあ、こんな感じの斜めどうですかね~??」

「おお~、インパクトあるなぁ~(笑)
 ああ~、でもまっすぐな方が好きかなぁ~」

「ですよね~(ごめんなさい、駄目元でやってみただけです)」

でも、上下空けたくない!まっすぐがいい!
↑お互い同意見

(よーし、こうなったらーー)

201207184.jpg
「思い切って痩せましょか??(笑)」

「おお~、スッキリしていいやん!それでいいわ!」

「ラジャーっす(決まったー!)」

201207185.jpg

201207186.jpg

20120719.jpg
と、なりましたと

ちなみに、このデコの一番細かい所は
王冠のラインで、SS3でギリ埋めれました

この隙間との戦いは、何回かデコをやっていると
必ずやってくる道だと思います

皆さんも全面デコの際は
くれぐれも気を付けて下さいね


Posted at 20:50 | デコ電 |
web拍手

ブログランキング参加しています!ポチッとお願いします

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ デコ小物へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。